主婦が選ぶキャッシングの返済・返済方法

主婦が利用するキャッシングは、金利が安いことはもちろんですが、返済がしやすいかどうかという点も考慮して選ぶ必要があります。
毎月の返済が滞ってしまわないよう返済方法も十分に確認しておきましょう。

主婦が利用するキャッシングでは、多くの場合「リボルビング方式」を採用しています。
リボルビング方式とは、借入件数や金額に関係なく毎月一定の額を返済していく方式です。

このリボルビング方式にはいくつか種類があり、どの方式を選ぶかで支払う利息の総額も変わってきます。
家計を預かる主婦としては、なるべく利息を抑えたいものですが、それぞれの方式によっては利息が多くなってしまっても毎月の返済が楽にできるというメリットがある場合もあります。

キャッシングの返済方法は、金利と並んで重要なポイントなのです。





主婦が選ぶキャッシングの金利・無利息

主婦がキャッシングを利用しようと考えるのは、経済的に苦しいときです。

もしも急な出費があっても、通常なら貯金で賄います。
生活費が足りない分も貯金を崩します。
しかし、そんな余裕があるならキャッシングを利用する必要はありません。

できる事なら、主婦としてはキャッシングを利用したくないでしょう。
ですがどうしても経済的に苦しくなり利用せざるをえない場合もあります。
また、そういう状況だからこそ例え利息がかかってしまっても利用するのです。

では、利息がかからないキャッシングがあったらどうでしょう?

最近は、利息が必要ないところも増えており、遣り繰りの方法としてキャッシングを取り入れやすくなっています。
たとえば、給料日までの数日間だけ借入をしたいという場合も無利息キャッシングなら安心です。

無利息のキャッシングは主婦の強い味方です。





主婦が選ぶキャッシングの金利・グレーゾーン金利

主婦がキャッシングを利用する際は、できるかぎり利息制限法の範囲内の金利を設定しているキャッシング会社を選ぶことが大切です。

しかし巷には利息制限法の上限を超えているが出資法で定められている29.2%以内の金利(グレーゾーン金利)を設定しているキャッシング会社が溢れています。

実は2000年以前の出資法の上限金利は40%でしたが、現在の29.2%は、かなり引き下げられています。
それでも未だ多重債務に苦しむ人は多く、自己破産の件数も増え続けているのです。

そこで2009年にグレーゾーン金利を撤廃することに決まったのですが、そうなると審査が厳しくなってしまい、とくに主婦などにとっては利用しにくくなるのではないかと言われています。

主婦にとって、どちらが良いのか難しいところです。





主婦が選ぶキャッシングの金利・利息制限法と出資法

主婦がキャッシングを利用する際に必ず確認しておかなければならないのが金利です。
家計を預かる主婦は、できるだけ安い金利で借りられるよう慎重に検討する必要があります。

そこで、実際にキャッシング会社の広告を見てみると、各社とも様々な利率になっていることがわかるでしょう。
これらの利率はキャッシング会社が自由に設定できるようになっているのです。

しかし、高く設定しすぎると利用者が多重債務や自己破産に陥ってしまう恐れがあるため「利息制限法」で元金に応じて年率15%〜20%を上限とするよう定められています。

ところが、金利に関しては「出資法」という法律もあり、こちらでは利息制限法の範囲を超えていても年率29.2%を超えなければ罰則などはありません。

銀行は利息制限法の範囲内の金利が多いですが、主婦専用などと謳っている消費者金融は、出資法の限度ギリギリに設定している場合が多いです。





主婦が選ぶキャッシングの金利・利息の計算法

主婦がキャッシングを利用する際には、金利を比較することが大切だとわかっていても、利率を比べるだけではあまり差がわかりません。
そこで実際に利用を検討しているキャッシング会社の金利で利息を計算し、具体的な数字で表してみると理解しやすくなります。

たとえば、10万円を実質年率8%で30日間借りたことにしましょう。

利息の計算式は、「借入残高×実質年率÷365日×借入日数」です。
これに当てはめて計算すると、例の場合は「10万円×8%÷365日×30日=657円」となります。

では、同じ金額を実質年率18%で借りた場合はどうなるでしょうか?

「10万円×18%÷365日×30日=1479円」となりますから、8%の場合とかなり変わってくることがわかります。

主婦専用のキャッシングは金利が安いところも多いです。
実際に計算してみて、主婦でも利用しやすいところを探してみましょう。





主婦と金利の関係

主婦がキャッシングを利用する際に、十分理解しておかなければならないのが「金利」についてです。
「主婦だから理解していないだろう」と馬鹿にされないよう、しっかりと勉強しておきましょう。

キャッシングを利用すると簡単に現金が手に入りますので、自分のお金のように錯覚してしまいがちです。
ですが、あくまでも借り入れした現金であることを忘れてはなりません。

そして借りたものは返さなければならないのですが、このとき手数料として元金に利息をつけて返済することになっています。

この手数料である利息を決めるための利率が金利です。

金利は、わずか1%違うだけでも利息の総額はかなり違ってきます。

特に主婦がキャッシングを利用する場合は、家計の負担にならないことが大前提ですから、十分に比較・検討して安い金利のキャッシング会社を選ぶことが大切です。



主婦が家族にナイショでスルこと。

主婦がキャッシングを利用する際に一番心配なのが「家族に内緒で利用できるのか?」ということではないでしょうか。

主婦がキャッシングを利用するということは、家計に関係してくることですから、できることなら家族と相談した上で利用することが望ましい形です。

ところが「主人が一生懸命働いてくれているのに家計が苦しいなんて言えない」「主婦だって欲しい物を自由に買いたいけれど贅沢だと言われそう」など、キャッシングを利用する目的を話したくないという場合もあるでしょう。

最近はこのような主婦のニーズに応えて家族に内緒で利用できるように対応してくれるキャッシング会社も増えています。
しかし基本的に収入がない専業主婦の場合は、夫の収入を証明する書類が必要になりますので内緒にすることは難しくなります。




主婦でもできますか?

主婦がキャッシングを利用したいと思っても「主婦では借り入れが出来ない」と諦めてしまう方も多いようです。

たしかに、キャッシング会社もボランティアで貸すわけではありませんから、しっかりと返済をしてもらえる人にしか貸してくれません。
この基準で考えると、専業主婦は無職で収入がありませんのでキャッシングを利用することは不可能となってしまいます。

しかし、専業主婦でもご主人に一定の収入があれば返済能力があると見做され、利用が可能となります。

もちろんパートや正社員として働いている方なら、ご自身に収入があるので、ご主人の収入に関係なくキャッシングを利用することが可能です。

キャッシング会社の中には、主婦専用のところも多く柔軟に対応してくれますので諦めてしまう前に相談してみましょう。



主婦でもOKデスヨ。

主婦がキャッシングを利用しているという話を身近で聞くことがなくても、クレジットを利用しているという話なら聞いたことがあるのではないでしょうか?

バーゲンでお気に入りの服を購入する時や、海外旅行でブランド品を購入する時など、クレジットカードがあれば現金を持たずに簡単にお買い物ができます。
このように商品やサービスの代金を信販会社が立て替えてくれるのがクレジットです。

一方、キャッシングは現金を借りることができるサービスであり、簡単に言ってしまえば「借金」です。
主婦には馴染みが薄いように思えますが、最近はクレジットカードにキャッシング機能が付いているものもありますので、主婦でも利用している方は意外と多いようです。

キャッシングとクレジットはイメージ的に違いを感じる方が多いですが、どちらも借金をすることには変わりありませんので、しっかりと計画を立てて利用しましょう。



主婦がキャッシングを利用する時

皆さんは「主婦がキャッシングを利用すること」について、どう思いますか?

「主婦ならキャッシングなんて利用しないで上手に遣り繰りするべきだ!」「いやいや、上手く利用するならよいのではないか」など、様々な意見があるかと思いますが、正直なところ、イメージ的にはあまり良いものではないようです。

確かにキャッシングを利用しないで遣り繰りできるなら、それが一番でしょう。
しかし、家計を預かる主婦にとって毎月の遣り繰りは大変なことです。

たとえば、急に結婚式に招待されたり、ボーナスがカットされてしまったりと予定が狂ってしまうことは決して珍しいことではありません。

キャッシングを上手に利用して家計のピンチを乗りきることも、遣り繰りの方法の一つと考えて備えておくと便利でしょう。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。