キャッシング審査の内側

キャッシングの審査では主に返済能力があるのかないのかを判定するのが重要ですが、他金融会社からの複数の借入れなども、実は自動的に調査できるようになっているのです。

申込み事項の記入では、他社の借入れを問う質問もありませんし、例え質問事項があったとしても正しく答えないかもしれません。

しかし、大手の消費者金融ではコンピュータでの自動審査を行っていますから、自動的に信用情報機関に情報を照らし合わせることにより、他社の利用件数がわかる仕組みになっています。
自動審査を行っていない消費者金融の場合でも、氏名と生年月日で検索してヒットすれば、現在の借入れ件数などが判明します。

返済能力以上に、多重債務の有無は審査が降りるか降りないかの重要なポイントとなります。



| 日記

キャッシング返済システムの比較

いまからキャッシングを申し込む方は、いろいろなローンがありますので、比較してから決めるようにしてください。

まず、リボ払い形式で返済する方法ですが、これは一定の返済額を決めておき、その決まった金額内より金利を差し引いた額が元金の返済に充てられます。
つまり毎月の返済が3万円だとします。
このうち金利が1万5千円かかっていたら残り1万5千円が元金の返済となります。

次に元金の返済額を一定とした場合。毎月元金の返済が1万円だとすれば、返済日までの金利分+元金1万円となります。
金利に1万2千円かかっていたら、返済額は2万2千円になります。

もう1つは契約時に返済回数を決めておき、10ヶ月で返済契約すれば、借り入れ時より完済までの金利を計算し、毎月の返済額を決める方法もあります。



| 日記

キャッシング比較する一番の要素

急な現金が必要なとき、すごく便利なキャッシング。

でもどこで借りてもいいといった安易な考えはやめた方がいいです。
実質年率はローン会社によって様々です。
法定金利内で借り入れすることをまず一番に考慮してください。

特に初めてローンを申し込む方は、一定の収入があればまず審査に通らないことはないでしょう。
可能な限りいろいろなローン会社を比較検討し、出来れば銀行系のローン会社をおすすめします。
融資限度額も十分で、金利も低く、返済もし易くなります。また信用度も高いので安心です。

キャッシングする場合にはまだまだ比較検討しなければならないことはたくさんあります。
内密で借りたい方、そうでない方、いろいろおられるでしょうが、ヤミ金融には手を出さないでください。



| 日記

キャッシングローン枠の拡大

クレジットカードには大抵の場合、キャッシングとローンが出来るようになっています。

またその限度額も同じカードでも個人によって変わってきます。
長く使用しているカードであれば、加入した時には限度額が例えば十万円であったものが、申請もしていないのに三十万円まで融資枠が拡大されていたりするものです。

ショッピングの限度枠も同じように拡大されていたりします。

クレジットカードの場合、銀行口座から自動引き落としが大半でありますが、残高不足のため引き落とされなかったりすると逆に限度枠が縮小されたりします。

その都度ハガキなどで通知されるようですが、限度枠の変更をあまり知らない方も多いようです。
カード会社からの通知書は注意深くチェックしてください。

不審な点や不明なことはすぐに問い合わせましょう。



| 日記

キャッシング審査とクレジットカード

キャッシングには一括返済と毎月一定額を支払ういわゆるローンとがあります。

大手のクレジットカード(JCBやVISA、マスターカードなど)にもキャッシングとローンがあります。
これらクレジットカードではATM機器でお金を引き出す場合、キャッシングかローンかの選択画面でどちらかを選ぶようになっています。

気をつけていただきたいのは、通常クレジットカードを申し込む時、ショッピングを対象に作られる方が大半ですので、実質年率まで気にかけていないという点です。

カードを作った当初はキャッシングなどする予定がなかったのが急な出費のために、現金を借り入れてしまったりする場合もあるでしょう。

後から毎月くる請求書をみてびっくりなんてことにならないようにしなければなりません。





| 日記

不動産担保でローンが組める

数あるキャッシングの中で最も高額な融資を行ってくれるローンの一つに、不動産担保ローンと呼ばれるものがあります。
文字通り不動産を担保にして融資を受けるローンです。

不動産担保ローンの対象となる不動産としては、次のようなものがあります。

・一戸建て住宅 ・ビル ・マンション ・更地 ・底地 など

不動産という大規模な資産を担保に入れるので、数十年という長期間に渡って安い金利で高額の融資を受けることが可能になります。
これが不動産担保ローンの大きな特徴です。

ただ実際にどの程度の融資を受けられるかは、不動産の価値によって決まります。

不動産の専門家が対象物件の価値を査定し、それに応じた資金を貸し出してくれます。

この査定はやや時間がかかるので、通常のキャッシングのように申し込んだその日に融資を受けるということは不可能です。
また実際に融資を受けたものの返済ができなくなった場合には、担保となった不動産は競売にかけられることもあります。





| 日記

トラベルローンってなにかしら

トラベルローンとは、旅行代として利用できるキャッシング商品です。

旅費のほか、旅行に関わる様々な費用としてトラベルローンは利用することができます。

これは目的ローンと呼ばれる使い道が限定されたローンなので、旅行以外の目的で利用することはできません。
ただし通常のキャッシングよりも金利は低く設定されているというメリットがあります。

トラベルローン(目的ローン)を扱っている金融機関は様々あります。
以下に少しだけ紹介しておきますので参考にしてください。


○プロミス
融資限度額:50万円
利息:13.50%〜19.50%
必要書類:本人確認書類、銀行届出印、旅行見積書・予約確認書など


○ネットローン
融資限度額:200万円
利息:9.8%〜19.533%
必要書類:本人確認書類、旅行見積書など


○アエル
融資限度額:200万円
利息:22.90%〜27.30%
必要書類:健康保険証・免許証など





| 日記

衝撃!学生なのにローン???

最近は学生ローンを扱うキャッシング会社が、学生街などでよく見かけられます。

大学生や短大生、専門学校生、予備校生、浪人生を中心にサービスを行っているキャッシング会社で、通常のキャッシング同様、無担保・保証人なしで融資を行ってくれます。

収入の少ない学生を相手にしているということで、比較的、柔軟に対応してくれる傾向があり、手軽に利用できるサービスになっています。

ただ学生ローンを扱っているのは中堅以下の消費者金融が多いので、一般的なキャッシングと比較すると利便性が劣っている傾向があります。また一般的なキャッシングと比較すると、金利は全体的に高めに設定されていることが多いです。

しかしイー・キャンパス(年利16.80%〜18.0%)や本田ちよ「キャンパス・ローン」(年利19.2%)のように比較的低金利で融資を行っている会社もあります。

学生ローンを利用する際には、金利や利便性を比較して検討する必要があります。





| 日記

信販キャッシングローンカード

有名な信販系キャッシングには、オリックスVIPローンやセゾンカードローン、ライフプレイカード、ソニーファイナンス、OMCフォーライフなどが挙げられます。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング機能が分けられているため、使い分けができるというのが信販系キャッシングの大きなメリットと言えます。

金利は低いところから高いところまで幅広く、特典やサービスも各社まちまちです。

付帯サービスにはグループ関連施設の優待割引や旅行保険、ショッピングで利用するとポイントがもらえるなど、種類も豊富で充実した内容となっています。

そのため申し込みをする前には、各社をじっくり比較して自分に合った商品を選ぶことが重要になってきます。単に金利や利用限度額、返済方法だけでなく、どんなサービスや特典があるかについても確認する必要があります。





| 日記

主婦のキャッシング審査・個人信用情報機関

主婦がキャッシングを利用する際の審査では、属性ポイント制や属性モデル像などを参考にしますが、これらは各社内での基準ですから、これだけで十分とはいえません。

もしも他社で利用した分の返済が滞っているため、新たにキャッシングを申し込んだのなら返済が滞ってしまう恐れがあります。
このような他社での借入状況が記録されているのが、個人信用情報機関に登録されている情報です。

個人信用情報には、生年月日や主婦といった属性はもちろんのこと、過去や現在のキャッシングなどの借入件数、金額、返済状況といった、あらゆる情報が記録されています。

主婦の場合は、本人の個人信用情報と併せて夫の情報も参照しますので、本人が問題なくても夫の情報が悪く審査に通らないこともあるようです。





| 日記

主婦のキャッシング審査

主婦が利用できるキャッシングには必ず審査というものがあり、これに合格しなければ利用することができません。
この審査は、申込者に返済能力があるかどうかを調査するために行われます。

審査の方法は各キャッシング会社によって異なります。
銀行や信販会社系の場合は「属性ポイント制」を採用しているところが多く、消費者金融系の場合は「属性モデル像」を採用しているところが多いようです。

属性ポイント制とは申込者の属性をポイントで評価し、合格点を上回れば融資可能となる審査方法です。
たとえば、会社員なら5点、主婦なら1点というように、職業や住居などについて評価します。

属性モデル像の場合は、過去の顧客データの中から主婦や会社員といった申込者と同じような属性の人物を選び、その人物の融資から返済までの状況を参考にして判断します。





| 日記

主婦のキャッシング申込

主婦がキャッシングを申し込むには、どのようにすればよいのでしょうか?

各キャッシング会社の金利や返済方法などを十分に比較・検討して納得できるものを選んだら、いよいよ申し込みです。
申し込み方法としては、来店、電話、インターネット、郵送などがあります。

来店の場合は、必要書類を持参すればその場で審査をしてもらえますから急いでいるときは便利です。

電話やインターネットによる申し込みは、主婦に人気です。
電話やインターネットによる申し込みも即審査が可能なところが多いですが、後で必要書類を郵送で送らなければならない点が面倒ではあります。

しかし、誰にも知られずに利用したい場合には便利ですし、忙しい主婦にとっては好きな時間に申し込めるという点も大きなメリットです。






| 日記

主婦が選ぶキャッシングの限度額

主婦でも利用できるキャッシングですが、いくらでも借りたいだけ貸してもらえるというわけではありません。

キャッシング会社は貸付を行い、元金に利息をプラスして返済してもらうことで利益を得ています。
しかし万が一、利用者が自己破産などを申し立てた場合、利益となる利息が回収できないばかりか元金の返済もしてもらえなくなってしまいます。

キャッシング会社は、このようなリスクをできるかぎり避けるため利用者の返済能力に応じた貸付限度額を設定しているのです。

専業主婦の限度額は、当初はそれほど多くはありません。
それでも主婦が家計の遣り繰りで利用する程度なら十分でしょう。

また、毎月きちんと返済をすることで信用がつき、限度額の枠は増えていきますから、当初は限度額が少なくても気にすることはありません。





| 日記

主婦にお奨めのキャッシング(レディースローン)

主婦がキャッシングを利用したいと思っても躊躇してしまうケースが多々あります。
どちらかというとキャッシング会社のイメージは良いものではありませんから、怖い人が出てくるのではないかと心配する方も多いそうです。

このようなことが心配な主婦には、女性専用やレディースローンといったキャッシングがお奨めです。

レディースローンの場合、対応するスタッフは全て女性ですから安心して相談できます。
また、店へ出向かず電話で申し込みができるといった配慮もされています。

レディースローンは消費者金融系のキャッシングですから、銀行系や信販系のキャッシングに比べれば金利は高めです。
しかし、その中でも低めに設定されていますし、審査も通りやすくなっていますので、主婦が利用するキャッシングとしてはお奨めです。





主婦にお奨めのキャッシング(消費者金融系)

主婦がキャッシングを利用したいと考えるのは、急な場合が多いですから、利用したいときにすぐに利用できることが重要なポイントとなります。

その点を考えて選ぶなら、消費者金融系のキャッシングがどこよりも有利です。

消費者金融系のキャッシングは即日審査が特徴ですから、速ければ申し込みをしてから30分程度で融資してもらえます。
また審査の基準も他に比べて厳しくありませんので、比較的簡単に通るという点も主婦にとっては便利です。

最近は、銀行系や信販会社系のキャッシングでも即日審査のところが多くなってきましたが、審査が厳しい分、消費者金融系には及びません。

速くて審査が簡単な消費者金融系のキャッシングの限度額は、10万円〜50万円程度と少なめで、金利は高めに設定されています。
主婦にとって金利が高いことは気になりますが、少額で短期間の借入ならそれほど気にすることではないでしょう。





主婦にお奨めのキャッシング(信販会社系)

キャッシングの中でも主婦が一番気軽に利用できるのが、信販会社系のキャッシングでしょう。

信販会社系のキャッシングは、普段主婦が利用することが多いクレジットカードにキャッシング機能がついていますから、キャッシングだけを申し込むことに抵抗があるという主婦にとっては便利なサービスではないでしょうか。

信販会社系のキャッシングは、返済方法の選択肢が豊富である点も大きな特徴です。
リボ払いや一括返済はもちろんのこと、支払回数を自由に設定することも可能です。

金利は銀行系キャッシングと同じくらいか多少高めで、キャッシング会社によって幅があります。
また、限度額はショッピング枠とキャッシング枠は別に設定されていますから、ショッピングで限度額一杯使ってしまいキャッシングが利用できなくなってしまうということはありませんので安心です。





主婦にお奨めのキャッシング銀行系

主婦がキャッシングを利用したい場合、どのようなキャッシング会社を選べばよいのでしょうか?

主婦がキャッシングを利用するなら、まず金利が安いことが条件になります。
その点を考慮して選ぶなら、銀行系のキャッシングが一番安心といえるでしょう。

銀行系のキャッシングは、年利15%〜18%程度と安く設定されており、主婦にとっては嬉しいかぎりです。
また、限度額も300万円までなど高めになっていますので、大きな出費が必要な場合も安心です。

しかし、利用者にとって好条件になっている分、当然審査は厳しくなります。
専業主婦の場合はかなり難しくなりますが、夫に一定の収入があれば不可能ではありません。

審査にかかる時間も長くなりますが、最近は即日融資の銀行系キャッシングも増えてきていますから利用してみるとよいでしょう。





主婦のキャッシング審査の基準

主婦がキャッシングの利用申し込みをした場合、健康保険の加入状況によって審査の対象が決まります。

パートや正社員として働く兼業主婦の場合は本人が審査の対象となりますが、専業主婦は多くの場合、扶養家族として夫の健康保険に加入していますので、審査の対象は夫となります。

専業主婦がキャッシングの申し込みをする際に、夫の収入を証明する源泉徴収票などが必要になるキャッシング会社の場合は、夫に内緒にするのは難しいかもしれません。

また、夫の職場に在籍確認をとる場合もありますが、この場合はキャッシング会社だとわからないようにしてもらえますので安心です。

どうしても夫に内緒で利用したい場合は、柔軟に対応してくれるキャッシング会社も多いですから相談してみるとよいでしょう。





主婦が選ぶキャッシングの返済・返済方式の種類

主婦がキャッシングを利用する際の返済方法としては、リボルビング方式が一般的ですが、このリボルビング方式は細分化されており、どの方式を採用するのかはキャッシング会社によって異なります。

「元金定額リボルビング方式」は、一定の元金返済額に利息をプラスした金額を毎月返済していく方式です。

「元利定額リボルビング方式」は、元金返済分と利息を合わせて毎月一定額を返済していく方式です。

「元金定率リボルビング方式」は、元金に対して定率で支払額を算出し、その支払額と利息を合算して返済していく方式です。
この方式は、いつか一括返済をしなければ借入残高が減らないようになっていますので、主婦にはお奨めできません。

「残高スライドリボルビング方式」は、借入残高に応じて返済額が変わる方式です。
たとえば、借入残高が10万円までは毎月の返済は5千円、10万を超えたら1万円と変わっていきます。

主婦がキャッシングを利用する場合、一番返済計画を立てやすい方式です。





「株式」 アイフル(8515)−個別銘柄ショートコメント

以下抜粋

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080624-00000029-fis-biz

「株式」 アイフル(8515)−個別銘柄ショートコメント
6月24日14時41分配信 フィスコ

*14:39JST <8515> アイフル 1517 -87

下げ目立つ。リーマンでは投資判断「アンダーウェイト」継続で、目標株価を1450
円としているもよう。同社は資金調達と不良債権という2種類の問題に直面してい
るが、その解決に必要な情報の提供を拒んでおり、同社を「信じる」投資家しか株
を買えないだろうとの指摘。
《KS》

最終更新:6月24日14時41分






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。