事業者ローン

キャッシングに事業者ローンという部門を立ててある場合があります。

これは、このローンが事業者向けとはいえ、無担保で第三者保証人不要を原則とし、使用目的も限定しないという意味でキャッシング一般に分類することが可能だからでしょう。

むろん一般に担保を付け、保証人を立てた場合にはより低利でかつ融資限度額が高額になるということはあるようです。
また審査も個人向けキャッシングとはやや異なる例もあります。

しかし事業者ローンの場合も、個人向けの一般キャッシング同様、審査から貸付までのスピード化、IT利用の促進などの傾向はかわらないようです。

融資の審査において一般個人にもまして選別の厳しい事業者にこそ不時のキャッシング的融資の需要が潜在的に高いということもあるのかもしれません。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。