「ローン」から「キャッシング」へ

ローンの種類を列挙してみてもそれでキャッシングの意味が出てくるというわけではありませんが、融資そのものの意味を考える基礎にはなりえます。

多少ともまとまった金額を要し、即金での出費がしづらいような時、わたしたちは自分の個人的経済的信用度の審査を受け、それを担保にローンを組み、つまり融資を受け、それを時間をかけて返済していくという道を選びます。

これは今日ではすでに方法として確立し、一般化した経済行動の一つなのです。

時には、即金での出費ができるかできないかの問題ではなく、ローンを組む方が有利だということもあるわけです。
ローンは時間をかけて小額ずつ返済するので、その間、一つの事柄への出費に自分の全経済力を集中することなく別の有効な経済行動がとれるということもあるわけです。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。