キャッシングローン

キャッシングローンについて説明します。

キャッシングローンとは、キャッシング会社をはじめとした金融機関が行なう融資を言います。
返済については一般的に、5万までであるとすると月にいくら支払うかを決め、借金の残額に対して口座引き落としという方法が多いです。

口座引き落とし以外の返済方法では、ローン会社の専用ATMや、指定されたATMでの支払いもあります。
利子については、返済した額の1割程度となっており、返済額と同時に引き落とされます。

キャッシングローンは何か商品を買う際などに、高額な出費で尚且つ一括での支払いが不可能な時に役立つキャッシング方法です。
また安易な発想でのローンは、途中で返済が不可能になるなどの問題が発生してきます。

キャッシングローンにおいては、計画性と自分の収入を考えた安全な返済が重要です。
無理のない計画を立てて利用しましょう。



| 日記

キャッシング-信販系-

キャッシングには様々な種類が存在しますが、その中の信販系キャッシングについて説明します。

信販系キャッシングは、消費者金融と銀行系の中間に位置しており、実質年率は低く、金利は月割り計算で、限度額は高めの設定です。
また提携キャッシュディスペンサーをはじめとしたキャッシング機器の設置台数も多くなっており、借入れが大変便利です。

もう一つの特徴としてクレジットカードでのキャッシングが可能な点です。
また機能としてポイントサービスなどが一般的に充実しており、そのポイントを貯める事で、クレジットカード会社が用意している商品と交換する事が可能です。
キャッシング審査においてはよく調べられる為に難しく、時間がかかります。

尚、引き落としは決められた返済日に指定口座からとなっています。



| 日記

インターネットでのキャッシング

現在では過去の様に窓口や店舗に出向かなくても、インターネットからキャッシングが申込みが可能な時代です。
利用者も、サラリーマンを中心に様々な人々が利用しています。

インターネットでキャッシングについては、キャッシング会社のサイトへ移動し、利用前に自分に合っているかを確認し、利用規約をよく読んだ上で同意すると、申込みフォームへの記入になります。

申込みフォームには細かな個人情報の記入、そして希望金額などを記入します。
申込みが終了すると、キャッシング審査を金融業者が開始、確認や詳細の電話が自宅または勤め先へかかってきます。
一般的に、金融業者からの電話は、キャッシング会社名を出さず、担当者の名前でかかってきます。

それから審査に問題がなかった場合、キャッシング利用が可能となります。



| 日記

事業者ローン

キャッシングに事業者ローンという部門を立ててある場合があります。

これは、このローンが事業者向けとはいえ、無担保で第三者保証人不要を原則とし、使用目的も限定しないという意味でキャッシング一般に分類することが可能だからでしょう。

むろん一般に担保を付け、保証人を立てた場合にはより低利でかつ融資限度額が高額になるということはあるようです。
また審査も個人向けキャッシングとはやや異なる例もあります。

しかし事業者ローンの場合も、個人向けの一般キャッシング同様、審査から貸付までのスピード化、IT利用の促進などの傾向はかわらないようです。

融資の審査において一般個人にもまして選別の厳しい事業者にこそ不時のキャッシング的融資の需要が潜在的に高いということもあるのかもしれません。



| 日記

審査に必要な書類 身分証

上で述べたように、キャッシング審査が要求する、融資を望む個人の身分・職業や収入の「安定度」にはかなり広い幅があり得ます。

しかし比較的高額のキャッシングを急に希望するような場合、もっともわかりやすい職業や就業形態といった属性の高さを書類の形で提示できれば審査に問題がないのはいうまでもありません。

申し込みの際には個人を特定できる身分証が必要で、健康保険証や運転免許証、パスポートなどがこれに類します。
健康保険証では、国民健康保険証よりも、勤務先との関係、就業形態などを直接あらわしている公務員共済保険証や社会保険証、組合保険証などがより審査に有利なのはこれもいうまでもありません。

これらの保険証は、概して、自己申告である収入の多寡よりも雄弁に持ち主に融資を受ける資格があることを主張してくれるのです。



| 日記

キャッシングにおける審査

先に述べたように、個人信用力を担保としたキャッシング・ローンを成り立たせることは、すでに経済構造の中に位置付けられたものです。

キャッシングの前提となる融資の対象となる個人の信用力の審査を与信といいます。
その審査事項は属性とよばれます。

それらはふつうに安定的に職業生活を営んでいると自負している人、家や車のローンを問題なく組めるような人にとっては、最も普通の個人情報にすぎないということになるかもしれません。

しかし人の職業や生計の在り方は実に多様です。
そしてそれらはしばしばただちに本人の個人信用力として世間に受け止められているのです。

一般にキャッシングの審査では、家や車のローンほどには、就業の形態や年収を直接問題としない場合も多いようです。
しかしそれらが問題のない形で提示できるのであれば、あっさり審査を通過できることは確かです。



| 日記

「ローン」から「キャッシング」へ

ローンの種類を列挙してみてもそれでキャッシングの意味が出てくるというわけではありませんが、融資そのものの意味を考える基礎にはなりえます。

多少ともまとまった金額を要し、即金での出費がしづらいような時、わたしたちは自分の個人的経済的信用度の審査を受け、それを担保にローンを組み、つまり融資を受け、それを時間をかけて返済していくという道を選びます。

これは今日ではすでに方法として確立し、一般化した経済行動の一つなのです。

時には、即金での出費ができるかできないかの問題ではなく、ローンを組む方が有利だということもあるわけです。
ローンは時間をかけて小額ずつ返済するので、その間、一つの事柄への出費に自分の全経済力を集中することなく別の有効な経済行動がとれるということもあるわけです。



| 日記

学生向けキャッシング

学生の方でもキャッシングローンを申込める会社があります。

しかし、学生の方は定職についているわけではないのでキャッシングローンでの限度額が低く設定されています。
学生で、キャッシングを申込むのには、学生証の提示も身分証明書以外に必要になる場合があります。
アルバイトをしている人は、給料明細なども必要になります。

学生にローンをさせるのですから、返済できると信用できるかどうかが分からないので、親の勤務先も聞いてくる場合があります。
学生本人のバイト先に在籍確認をしますが、親の勤務先には在籍確認は行いません。

学生の人専用でキャッシングサービスを行っている金融会社もあります。申込んでから融資までの時間は、各会社で違います。融資まで2〜3日かかる金融会社もあります。
学生向けのキャッシングローンを行っている会社の数はかなり少ないです。



| 日記

キャッシングの返済による比較

キャッシングを申込む前に、各金融業者の返済のしやすさも比較してみます。

返済するのに銀行からの振込みより、「口座引き落し」「コンビニATMで」の支払いができるととても便利なのかと思います。便利な返済方法を用意している業者を比較してみました。

銀行系は、もちろん口座からの引き落としは可能です。提携してるコンビニATMでも返済が出来ます。
信販系はカードを発行した際にショッピングでも使えるカードならば、ほぼ口座振替です。
キャッシング会社によっては、バーコード付の請求書を発行してコンビニで返済できる場合もあります。

消費者金融系は、ほとんど振り込みか、店舗設置のATMからの返済です。大手消費者金融ですと、提携している銀行のATMやコンビニでの返済が可能です。

返済する時、銀行へなかなか行く機会がないのであれば、コンビニで返済できると便利です。



| 日記

体の不自由な人のキャッシング

キャッシングは、体の不自由な方でも申込みができます。

体の不自由な方も申込みは可能なのですが、全盲者はキャッシング契約を交わすのは困難です。契約書などに記載されている規約など、契約内容を理解するのが困難なためです。

どこのキャッシング会社でも、審査する前に「日本語が理解できる」「収入が安定している」などの条件のもと審査対象にしています。
体が不自由な方でも条件に見合っていればキャッシングの申込みができるというわけです。

しかしキャッシングの審査や手続きに時間がかかります。それは、この先の返済がきちんと行われるよう計画を立ててくれるからです。

体が不自由な人の中にも安定した収入を得ている人もいます。
体が不自由だからと言ってキャッシング申込みが出来ないと思ってる人も数多くいると思います。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。